ルテインとの共通点

ここでは、アントシアニンとルテインについての共通点や役割などについてお話します。

アントシアニンは、ベリー類やさつまいも、なすなどに含まれているフラボノイドで、ルテインは、緑黄色野菜に多く含まれていますし人の体の中にも存在しているカロチノイドの一種です。

アントシアニンもルテインも、植物が自分の身を紫外線から守るための抗酸化力をもっているということで、共通しています。

また、どちらも目が正常に機能するように働いているということでも共通しています。

この目に対する働きは、アントシアニンとルテインとでは、それぞれ違った役割をもっています。

アントシアニンのほうには、ロドプシンの再合成を助ける役割があります。

ロドプシンというのは、目の網膜にある物質で、ここに光が当たると、ロドプシンが分解されて電気と活性酸素が発生し、そのうちの電気が信号として脳に伝わって、目が見えるという仕組みになっています。

こうして使われたロドプシンは、また再合成されて光が当たって分解、電気が脳に伝わるということが繰り返されて人はものを正常に見続けられるというわけです。

このときに、アントシアニンは、ロドプシンが速やかに再合成されるのを助け、目がかすんだり見えにくくなるのを防ぎます。

一方、ルテインは、目の水晶体や黄斑部に存在して、有害な光をさえぎる役割があります。

特に、近年多くなっている蛍光灯やテレビ、パソコンなどの「青い光」から、黄斑部を守る働きをしています。

この「青い光」は、紫外線よりもずっと強力で波長が長いので、眼の奥の細胞にまでダメージを与えるといわれており、この青い光をブロックするルテインの働きは貴重です。

こうしてアントシアニンは主に眼精疲労や視力改善に、ルテインは主に緑内障、白内障、黄斑変性症のような眼病予防に力を発揮して、目の健康を守っています。

このようにアントシアニンとルテインはお互いに協力して、有害な活性酸素を除去して、目のみならず体の健康を維持する働きをしています。