情報を探す

髪は一度薄くなってしまうと元に戻すのは困難とされていましたが、最近は良い育毛治療もありますので、髪の悩みも治療で解決出来る時代になっています。
でも、すっかり薄くなってからでは育毛治療を行ってもなかなか良い結果が得られない場合もありますので、治療を始めるのであれば、できるだけ早く初めて、進行を抑えていきたいものです。
抜け毛が増えたと感じる方、生え際などが気になり出したら、治療を検討していきたいものです。
育毛治療では薬を処方されることとなりますが、育毛治療で利用されている薬の代表的な存在がプロペシアです。
プロペシアは育毛効果が期待できるフィナステリドを主成分とした飲む薬です。
日本でも承認されており、皮膚科など医療機関で処方してもらえる薬です。
薬を飲むだけですので、特別なケアも行わずに髪を維持できるのはやはり嬉しいものです。
そして薬は根気よく続けて行く必要がありますが、気になるのはその治療費です。
育毛治療は保険が適用される治療ではなく自由診療となりますので、どうしても費用は高くついてしまうものです。
そして育毛治療は短期間で終わることはできませんので、少しでも費用を安くして、それでいて、効果を落とさない治療をしたいと考える方は多いものです。
プロペシアと同じような働きがあり、安く買える薬ではフィンペシアがあげられます。
インドで作られている薬で、プロペシアとほぼ同等の効果があるということで人気となっています。
プロペシアのジェネリックとも言える存在ですが、性格にはジェネリックとは違うものです。
そして安く購入できて、良い効果が得られるということで、フィンペシアに切り替える方も多いようです。
ただ、フィンペシアは医師に処方される薬ではなく、購入するとなると個人輸入などで購入することになりますので、使用は自己責任となります。
より安全性を重視するので、あれば、やはり少し高くても正規品の薬を選ぶことがおすすめです。